医者としたい女医が選ぶ婚活サイトランキング

絶対、医者と結婚したい!でも、出会いがない!

医者,女医,結婚,結婚相手

 

「結婚するなら、絶対に医者!! それ以外は考えられない」

 

という女性医師は少なからずいますが、あなたはどうでしょうか?

 

職業に貴賎なしとはいうけれど、自分自身が医者である場合、男性に自分以上の社会的地位や収入を求めるとなると、結婚相手の職業は、「絶対!」とは言わないとしても、「できれば」医者が良い、という女医がほとんどではないでしょうか?

 

実際に、女性医師が「結婚しました!」という報告があると、報告を受けた側の反応は、

 

「何科の先生なんですか?」

 

と、男性が医師であることが前提の質問をしてくることが多いですよね。

 

そして、周りの女医仲間の結婚相手も6割〜7割は医者であることが多いですし、医師家系に生まれ育った女医さんである場合には、家族や親戚からも、結婚相手は、”当然”、医者、と思われていることも多いことでしょう。

 

しかしながら、そうは言ってもなかなか理想の男性医師と巡り合うことができず、仕事に追われてて出会いがない、という環境にいる方も多いのではないでしょうか。

 

そして、出会いを目的に合コンに行ったり、友人に紹介をお願いしたりしても、一回に知りあえる人数は限られていてます。

 

無駄に時間ばかりがどんどん過ぎて言って、結婚につながる出会いが見えないまま、年ばかり取っていく自分に、苛立ちや焦りを感じたりしていませんでしょうか

 

 

女性が婚活して結婚できる望みが高い、最後のボーダーラインは35歳です

2010年の国勢調査によると、35歳〜39歳の『女性の未婚率』は約22%でした。

 

そして、その5年後の2015年の国勢調査における、40歳〜44歳の未婚率はわずかに微減しながらも約19%です。

 

この統計によると、35歳〜39歳の時に結婚していない独身女性の内、5年以内に結婚できる女性は7人に1人という計算になります。

 

   そろそろ本気で婚活しないとなぁ〜

 

   結婚相談所に行ってみないとなぁ〜

 

   婚活サイト、登録してみようかな〜

 

と、思っているうちに、あっという間に1年、2年が経ってしまいます。

 

やらなくちゃいけないことを頭で分かっていながらも、行動に移せないまま、35歳のボーダーラインを越えちゃった!

 

と、なってしまうと悲しいですね。 

 

時間を巻き戻すことは、非常に残念ながら(今の科学では)できません。

 

このような事態にならないように行動できるフットワークの軽さ、つまり『行動力』は、婚活において最も重要な成功ファクターの一つです。

 

私も同じく女医なので、結婚に至るまでにはホントに、かなり苦労をしました。

 

多くの女医仲間や先輩、後輩に相談に乗ってもらいながら、複数の婚活サイト、結婚相談所に登録して結婚するために行動しました。

 

その経験から学んだことを、現在婚活中もしくはこれから婚活する予定の女性医師のために、少しでも参考にしていただければと思い、効率的に医者と結婚するために有効な方法や、女医視点で選んだ婚活サイト/結婚相談所を紹介したいと思います。

 


最短時間で理想の男性と出会って結婚する方法

 

男性と出会い、結婚へ至るまでのプロセスには様々なポイントがありますが、主な要素は下記になります。

 

  1. 男性と出会う
  2. 男性が自分の好みである
  3. 男性が自分と付き合ってくれる
  4. 男性が自分の結婚相手としての条件に合う
  5. 自分が男性の結婚相手としての条件に合う
  6. 自分と男性の両家がお互いに認めてくれる
  7. 結婚したいと思うタイミングが合う

 

 

この各プロセスにおける成功率を、それぞれ極限まで高めることができれば、結婚はとてもカンタンなことなのですが、現実的にはそれぞれに制限がかかります。

 

そこで、時間効率を考えて結婚を成功させるためには、どの要素に集中して投資をしていくのか、改善をしていくのかを取捨選択します。

 

結婚につながる要素を分析する!

まずは上記で上げたポイントを一つ一つ分析して考えてみましょう

 

男性と出会う

→そもそも男性都の出会いが無ければ、何もはじまりません。
まずは男性との出会いを作ることが必要です。

 

男性が自分の好みである

→あなたののストライクゾーン次第です。狭ければここでかなり振り落とされるし、広ければ次につながりやすいです。

 

男性が自分と付き合ってくれる

→あなたが気に入った男性が、同じようにあなたのことを選んでくれるかどうかがポイントになります。

 

恋を片想いで終わらせず、両想いになれるようにしなければなりません。

 

男性が自分の結婚相手としての条件に合う

「彼氏の条件」と「夫の条件」が同じであれば良いのですが、違う場合には注意が必要です。

 

「異性」として好きになって付き合うことが出来ても、「結婚相手」として考えた場合に条件が合わないのであれば、そのお付き合いは「結婚する」という目的を達成する面においては無駄になります。

 

貴重な時間を「楽しい恋の時間」として過ごすのか、結婚相手を探す時間にするのか、よく考えて男性選びをする必要があります。

 

 

自分が男性の結婚相手としての条件に合う

男性も同様に女性を品定めしている、ということを意識しなければなりません。
男性は女性とお付き合いするとき、次の3つのカテゴリーに分けて考えています。

 

  • 遊び相手(浮気、不倫、ワンナイトラブなどの体目的)候補
  • 彼女(止まり)候補
  • 結婚相手候補

 

ここで大事なのは、「結婚相手候補」の候補として男性に自分が選ばれることです。

 

「遊び相手」から「彼女」に昇格して、「彼女」から「結婚相手」になれる女性もいらっしゃいますが、確率は低いですし、時間がかかります。

 

世の中に出回っている「モテ・テクニック」を駆使すれば、「遊び相手」になる事は簡単です。

 

しかし、あなたの目的が結婚することである場合には、「遊び相手候補」や「彼女(止まり)候補」になる事は結婚への遠回り、場合によっては遠ざかることになりかねません。

 

35歳というタイムリミットを過ぎても死ぬことはありませんが、生涯未婚となるリスクは飛躍的に上がってしまいます。

 

そこで、最短で結婚するためには、最初から「結婚相手候補」として自分が選ばれる必要があります

 

 

自分と男性の両家がお互いに認めてくれる

自分も男性も結婚相手として申し分がない、と考えたとしても、両家や親族が同じように考えるかどうかは別物です。

 

良くある話は、「医者以外の男性との結婚は許さない!」と、女医の両親が結婚に反対をするケースです。

 

時間を無駄にせずに結婚に辿り着くためには、どのようなお相手であれば両親がOKとするのかを両親に確認しておくことも大事なポイントです。

 

結婚したいと思うタイミングが合う

お互いに結婚する意志があり、両家の両親が認めてくれたとしても、「いつ」結婚するのかのタイミングが合わないと、結局どちらかが待てずに破局に終わることが多いです。

 

自分はすぐにでも結婚したいと考えているのに、男性は3年後、とか、5年後、とか悠長に構えている可能性があります。

 

3年ないしは5年間を「彼女」や「婚約者」として過ごす覚悟があるのなら問題ありません。

 

しかし、3年もしくは5年待って、結局結婚できずに別れることになるリスクは存在します。

 

「7年も付き合っていたのに36歳でフラれた(怒)」

 

というお話を聞くこともあるし、結婚式場も決めて、招待状も出したのに、結婚式直前で破談したカップルも知っていますので、慢心することは禁物です。

 

何年後かに別れたとしても、そこからまた婚活すれば良い!

 

と、考えることができる気持ちと時間の余裕があれば良いのですが、例えば、現在の年齢が30歳であれば、33歳ないしは35歳で別れて「ふりだし」に戻る、というのは相当のリスクであることを認識しなければなりません。

 

結婚につながる需要要素に集中して婚活する!

 

このように、結婚に至るまでには様々なプロセスがあり、気を付けなければならないトラップもあります。

 

そこで、きちんと結婚という目的を達成するため、このプロセスを逆から攻めるという戦略で婚活を行います。

 

具体的には、下記の条件に当てはまる男性以外とは、異性として魅力的でも交際しない、ということです。
条件は、上から順に重要な要素になります。

 

結婚したいと思う時期が合うこと

→もしかしたら、貴方の本当の運命の相手は、今生まれたばかりの赤ちゃんかもしれません。

 

でも、待っていられないですよね!?

 

上記の例は多少大げさかもしれませんが、若すぎる男性は避けた方が無難です。

 

もちろん、若くても結婚を意識して付き合うことができる男性であれば問題ありません。

 

しかし、20代半ば〜20代後半の男性だと、「結婚のことはもっとゆっくり付き合って考えたい」という人が多いです。

 

男性も、35歳までには結婚したいという人が多いので、32歳〜35歳くらいの男性を狙うと、結婚したいと思うタイミングが自分と合う確率が高まります。

 

両親が嫌がる条件を持っていないこと

両親が希望する条件を確認するのではなく、嫌がる条件を確認しましょう。

 

希望する条件を持っていなかったのとしても、嫌がる条件がなければ、最終的には娘が選んだ男性をOKしてくれる確率が高いです。

 

もちろん、「両親が」希望する条件が入っていればベターですが、相手に希望する条件は、次のポイントとなる「あなたの希望する条件」を優先させましょう。

 

あなたのNG条件を持っていないこと

他のすべての条件がOKだとしても、この条件を持っている人とは一緒に生活できない!
と思う条件を、思いつく限りリストアップしましょう。

 

ここで注意しなければならないのは、「こうゆう人がいいな!」という希望条件を書き出すことではありません。

 

他のすべての条件が良いから気にしない!」と、思えることは、きっと妥協できるポイントです。

 

他のすべての条件が良くても、XXだったら嫌!という、真のNG条件だけをピックアップするのが大事です。

 

100個の希望する条件を持っていても、1個の真のNG条件があると、結婚生活は破綻します。

 

でも、希望する条件は100個の内50個しか持っていなくても、真のNG条件が無い男性であれば、結婚生活は破綻しません。

 

希望する条件にばかり目が行きがちですが、夫婦生活、結婚生活を円満にする秘訣は、NG条件がないことですので、このポイントにフォーカスするのが成功の秘訣です。

 

全ての希望条件を持っている人を探すのではなく、全てのNG条件に当てはまらない人を探しましょう。

 

自分が男性の希望条件に合うこと

せっかくここまでの条件をクリアした男性と出会えても、モノにすることが出来なければ意味がありませんので、男性が結婚相手の女性を選ぶ時に嫌がる可能性があるNG条件を極力なくすように努力しましょう。
しかし、どんなに頑張っても変えられない条件は諦めましょう。

 

例えば、結婚相手はゼッタイにイスラム教でなければならない!というムスリムの男性は多いです。
改宗できるのであれば、改宗すればよいですが、改宗できないのであれば、改宗を求めない男性との出会いに注力する方が効率的です。

 

何をNG条件とするのかは、人によって違いますし、ある男性にとってはNG条件が、別の男性にとっては希望条件だったりすることもあります。

 

ちょっとデリケートな話題ですが、「絶対に子供が欲しいから妊娠できる女性が良い!」という男性がいる一方で、「子供は嫌いで子供は欲しくないから、子供を欲しがらない女性の方が良い!」いう男性もいます。

 

もしくは、「子供は欲しいけど、妊娠できなかったら養子でも良い!」、という考えの男性もいらっしゃいます。

 

変えられない条件をなんとか変えることに時間と労力を費やすよりも、”ありのままの自分”を「NG条件なし!」と判断してくれる男性を選ぶ、というのも一つの手です。

 

ただし、モテ・テクニックを駆使して「遊び相手」や「彼女(止まり)」になる事だけは避けましょう。

 

条件を兼ね備えた男性と出会うこと

単に多数の男性との出会いに躍起になる必要はありません。

 

「下手な鉄砲、数打ちゃ当たる」、という言葉もありますが、条件に合わない男性を仕留めても時間の無駄です。

 

男性と出会う前に、上記の順で自己分析をしっかりして、自分に合う男性をしっかりとふるいにかける準備が大切なのです。

 

ふるいにかける準備が整ってから、男性選びをしないと、右往左往して迷うことになりますので、自分の中のコンパスをしっかりと持っておきましょう。

条件に合う男性とは、どこで出会えるの!?

どのようにすれば、結婚したいと思うタイミングが同じくらいで、両親と自分がNGとする条件を持っていない男性と出会うことができるでしょうか。

 

自然に出会い、恋して、その相手が結婚相手としても条件が良く、結婚したいと思うタイミングが一致して、結婚する

 

これが理想的ですが、いつまでも誇大妄想にふけっている時間はありません。

 

条件が合う男性がいそうなところに、自分から積極的に出かけて結婚相手候補を探す、というのが現実的です。

 

女医にマッチする結婚相手候補がいる所

 

恋愛や婚活のために用意されている男性との出会い場は、大きく分けて4つになります。

 

  • 結婚相談所・婚活サイト
  • 婚活パーティー
  • 合コン・街コン
  • 出会い系サイト

 

どの出会いの場に行くかによって、自分の理想とする男性との遭遇率は変わってきます。

 

上記の中でも、女医の結婚相手として好まれる条件を兼ね備えた男性が多くいるのは、結婚相談所・婚活サイト、婚活パーティー、出会い系サイトです。

 

ここで言う、女医が好む条件とは、医師などのハイステータスな職業についている男性です。

 

しかしながら、エリート男性でも、合コン・街コンや出会い系サイト経由で出会うことができる男性は、女医には向いていません。

 

何故ならこうゆう男性は、肩書だけでホイホイ寄ってくる女性をひっかけて「一時のお遊び」をしたいと考える人が多いためです。

 

そのため時間効率を考えた場合、合コン・街コンや出会い系サイトは結婚を考えている女医には向いていません

 

そこで、結婚を真剣に考えているエリート男性との出会いにフォーカスすると、結婚相談所・婚活サイト、婚活パーティーの2つに絞られます。

 

結婚相談所・婚活サイト、婚活パーティーどっちの出会いの場を優先すべき?

結婚相談所・婚活サイト、婚活パーティーであれば、エリート男性との出会える遭遇率は高まります。

 

この中でも注意が必要なのは、気軽に行けるタイプの婚活パーティーです。

 

婚活パーティーの主催者の中には、出会いに飢えている求めている人を集めて参加費を巻き上げる出会いの場を提供するだけで良い、と考える人や団体もあります。

 

人が集まる場所にはお金が集まる!

 

ということで、最近はネットで多くの「婚活パーティー」が企画されています。

 

しかし、こうゆう気軽に行ける婚活パーティーに集まるのは、刹那的な出会いを求めるエリート男性か、真剣に結婚を考えているものの、結婚相談所や婚活サイトに登録するお金が惜しいと考えてる男性が多いです。

 

結婚相手ではなく、遊び相手や彼女(止まり)相手を探している男性も多いので注意が必要です。

 

婚活パーティーの短い時間で相手の男性の真意を確かめるのは至難の業です。

 

真剣に結婚を考えている男性に絞った出会いを求めるのならば、選択肢は結婚相談所・婚活サイトになります。

 

結婚相談所・婚活サイトも数多くあり、高いところは数十万から安いところは数千円まで幅広い選択肢があります。

 

安いところは、気軽に行ける婚活パーティーと主催者側の趣旨や、参加者のマインドが似ているので、真剣な男性を探す場合にはハードルの高いところを選ぶのが効率的ですが、高いところが良いとは限らないのが、結婚相談所・婚活サイト選びの難しいところです。

 

ある程度お金をかけることで、既にふるいにかかった男性と出会えるようになる事は、時間をお金で買えることと同じなので、投資としては正しい考え方なのですが、そこに付け入る悪徳業者も多いのが難点なのです。

 

特に、玉の輿狙いの女性に対して、

 

「高い婚活費用は、お金持ちやエリートと結婚すれば回収できるから投資と考えれば全然安いです!」

 

と言葉巧みに入会させて、その後は放置、というところもあるので注意しないといけません。

 

「高いものは良いものだ」というイメージがありますが、婚活においては必ずしもそうとは限らないのです。

 

高い入会金を払える男性は、エリート男性であることの証明ですし、高い入会金を払って登録されている、ということは遊び目的の人は少ないですよ!

 

と声をかけておいて、実際にはそうゆう男性はサクラだったり、あまり登録されていない、というケースもあるようです。

 

そうは言っても、時間効率を考えると、結婚相談所・婚活サイトを利用して婚活するのが一番生産性が高いということは変わりませんので、どの結婚相談所・婚活サイトを選ぶか、がキモになります。

 

 

女医に見合うエリート男性専門の結婚相談所・婚活サイトランキング

医師や弁護士、実業家、外資系金融などの高学歴高収入のエリートを専門にする結婚相談所・婚活サイトの人気トップランキングから選ぶのが吉です。

 

一般女性の趣向と女医の趣向は異なるため、女医が選ぶ結婚相談所・婚活サイトのランキング結果は異なります。

 

女医の夫は医師が多いので、「結婚するなら相手は当然医師!」と考える女医が多いため、男性医師が多く登録している『誠心』と、男性は医師と歯科医のみが登録できる『フェリーチェ』の人気が高いです。

 

一方で、「医者以外のエリート男性と結婚したい!」という女医からは、『クラブオーツー』と『誠心』に人気が集まっています。

 

女医が選ぶ結婚相談所、婚活サイトのランキング

 

 

登録している男性のクラブメンバーは、100%医師、歯科医師 です。

 

100%医師、歯科医師は、医療機関系の人材バンク会社との企業提携したことにより実現していて、他の結婚相談所にはない特徴を持っています。

 

コンピューターによるデータマッチングではなく、専門の『コーディネーター』と呼ばれる担当者が一人一人ハンドメイドでお相手候補を紹介します。

 

条件に加えて、相性や人柄、人格などの視点を加味して相性の良さそうなお相手を紹介してくれます。

 

最近の結婚相談所ではネット上で相手探しができるようになっていますが、フェリーチェではインターネットに個人情報を掲載しないことで個人情報の保護を徹底しているのが安心ポイントです。

 

フェリーチェに資料請求する

 

 

男性会員は約50%が医師、歯科医師です。

 

下記の条件に当てはまるハイクラスな男性には優待料金を設定することで、高スペックの男性を集めることが出来ています。

 

  • 職業:

    医師・歯科医師、弁護士、実業家、外資系金融など

  • 卒業大学:

    旧帝大・慶應・早稲田など

  • 年収1,000万円以上

 

お相手の情報は「ファイルサービス」と呼ばれる、プロフィールの詳細が入ったファイルが毎月郵送で届くと共に、「インターネットチョイス」というサービスでは、ネットからも写真無しのプロフィールを閲覧することができます。

 

入会したメンバーに対しては、各個人に『専任アドバイザー』が付いて、婚活を全面的にサポートします。

 

誠心に資料請求する

 

クラブオーツー

 

学歴をはじめ、クラブオーツー独自の審査基準を設けて会員を選別しているハイクラス専門の結婚相談所です。

 

独自の審査基準については問い合わせても回答が得られなかったのですが、「ハイクラス専門」というキャッチフレーズに見合うように、有名大学卒業、年収などが一定水準以上であることが推測されます。

 

データや条件だけでのお相手探しだけではなく、「データだけでは把握しきれない、フィーリングや相性こそが大切!」というクラブオーツーの企業理念を反映させて、『コーディネーター』が自分の好みの条件の男性だけではなく、客観的な視点から自分に合いそうな男性も紹介してくれます。

 

月に2回以上、専門のコーディーネーターによって写真付きのプロフィールが送られてくる他、専用のプライベートルームでも男性のプロフィールをチェックすることができます。

 

クラブオーツーに資料請求する

色々あるけど、結局どこの結婚相談所が良いの!?

結婚相談所や婚活サイトには興味あるけど、色々と多すぎてどこの結婚相談所がいいか決められないという方も多いと思います。

 

無料だったり安価で登録できる婚活サイトや出会い系サイトと異なり、フェリーチェ、誠心、クラブオーツーはどれも入会金や活動費が高価です。

 

投資と同じで、投資先は慎重に吟味して選ぶのが正解です。

 

迷った時には、いきなり申し込むことはせずに、資料請求してきちんと調べることをおすすめします。

 

自分には医者が良いのか?医者以外も候補として考えたいのか?

 

それだけでもチョイスは大きく変わってくると思います。

 

資料請求することで手に入れることができるパンフレットには、インターネットや公式サイトにも書いていない情報もたくさんあります

 

複数の結婚相談所のパンフレットを見比べることで自分に合うところが分かってくることもありますので、気になるところは全て資料請求して比較するというのもアリです。

 

待っていても何も変わらないので、まずは行動してみることが大切です!!

 

面倒くさがらずに行動に移すことが結婚への一番の近道です。

 

全て無料なので失うものは、今から登録するために費やす5分だけです。

 

この行動が人生を左右するかもしれないので、結婚したいと思うのなら、今すぐ資料請求してみましょう。

 

資料請求してどんなものか内容を見てみて、もしも自分には合わないな、と思ったら入会しなければ良いだけです。

 

資料請求すると、電話とかかかってくることもありますが、「 まだ悩み中です」とか、「すみません、他のところに入会してしまいました 」と言って断れば大丈夫です。

 

最新の結婚事情や婚活事情について詳しく書いてあるので、そういった情報を得るだけでも、価値があります。

 

きちんと比較するのであれば、下記の2箇所から資料を取り寄せるのが良いですよ。

 

フェリーチェに資料請求する

 

誠心に資料請求する

 

あなたが今から起こす行動が、未来のあなたから感謝されることになるのか、恨まれることになるのか、それは全てあなた次第です。

 

最後に、私が何か新しいことに挑戦するときに自分に言い聞かせる言葉をお贈りします。

 

Never Too Late ! 今からでも遅くない! 

 

残りの人生で、今日が人生で一番若い日です。